メディア育成コース

「時系列的な概念」や「因果関係把握能力」等の形成に

年少・年中・年長対象

概要

内容は良いとされていても
テレビを見ること自体は発育を阻害するといわれています…
しかし、<あすな>では
「能力を伸ばすテレビとの接し方」を提案します。



child01.jpg

詳細

私たちの身の回りにはたくさんの情報があり、私たちはその情報を活用し生活をしています。
この情報を提供してくれているのは、書籍、新聞、ラジオ、テレビ、パソコン・モバイルなどメディアと呼ばれるもので、多種多様なものが私たちの生活の中に深く浸透しています。
特定の限られた条件の人だけでなくお子さんからお年寄りまで年齢性別を問わず、このメディアからあふれ出る大量の情報の中で生活しているのです。

child02.jpgこの私たちを取り巻く情報には「見方の偏った発信者からの情報」や場合によっては「全く真実と違う間違った情報」などもあります。
また逆に受け手である私たちも「思い込みや偏った見方」のまま情報を得たり、情報を処理する能力が足りない場合その情報を歪めて捉えてしまう事もあるでしょう。
それでは、情報の海の激流に溺れてしまいます。

現代の情報社会において情報を積極的に把握し必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する「情報を評価・識別する能力」が重要です。
特に情報のスピード化・膨大化が加速度的に進んでおり、幼児期からこれらに対応できる能力育成が必須となっており、その大切な第一歩はメディアから正確に事象を捉えることとなります。

幼児期は「物事の前後関係を捉える感覚」が育ち、「原因・結果の結びつきを捉える感覚」が芽生え構築されていく時期です。多くの幼児は時間の前後関係も曖昧で、与えられた情報の中にある因果関係や全体の流れ・ストーリーを明確に把握できていません。

child03.jpgまだ言語能力・コミュニケーション能力が未発達な幼児にとって「すごい・面白い・きれい・悲しい…」といった心の動き、いうなれば感動は、得た情報や考え方同士をつなぎ合わせたり、そこから思考を働かせさらなる「意味」を持つ「捉え方・考え方」にする意欲になります。
つまり、情報を得た時の驚きや感動を誰とも共有出来ないままで情報を与え続けると、全体把握の無いまま、意味の無い情報をただ受け入れるだけの姿勢になってしまいます。

あすなでは、幼児にとって特に身近なメディアであるテレビ番組の視聴をとりあげ、「望ましいテレビ視聴の姿勢」の育成を通して、「時系列的な概念」や「因果関係把握能力」等の形成を目的とした<幼児メディア育成コース〉を開講します。

<特徴>

●指導者とのOnTimeな心の動きの共有
●正解・不正解を問わない開放型の質疑応答
●画像記憶からの事象へのフィードバック
●モノではなく事象への注目促進
(環境設定からの誘発)

以上の事項を満たした継続受講により

<効果>として

●素直な感動の表出による表情豊かな表現力
●記憶力・思考力・発想力・発言力の向上
●時系列的な概念・因果関係把握力の形成

が期待できます。

料金

コース 対象 時間(分) レッスン料 年間教材費  入会金
1回/週
メディア育成 年少 45 7,000 - 20,000
年中 45 9,000
年長 45 9,000
知能開発+
メディア育成
年少 105 16,000 24,000
年中 105 21,000
年長 105 21,000

sign.jpg

※体験レッスン申込フォームお問い合わせ欄に「メディア育成コース」とご記入ください。
▲ ページトップへ

作文+メモリーツリーコース(あすな作文講座)

【無料体験有り!】

文章構成力を高め表現力を豊かに

小1~中3対象
【年長対象:作文講座Primary(幼児作文)はこちら】

概要

より効率的な・より発展的な・よりイメージ豊かな思考を伸ばす「メモリーツリー」。
文章構成力を高め、表現力を豊かにする「作文」。
これらを取り入れ左右双方の脳をバランスよく活用できるのが、あすなの「作文+メモリーツリーコース」です。



bunbougu04.jpg

詳細

<作文について>
今、なぜ、作文なのでしょうか?なぜ、月に1回なのでしょうか?
近年、「日本の子どもの学力が低下している」と新聞やマスコミで取り上げられています。

al_1[1].gif「学力」とは「学ぶ力」と書きますが、学ぶための力とは、「考える力」、「文章構成力」、「表現力」、「読解力」、などであり、一言でまとめると「国語力」です。学力の低下は、すなわち国語力の低下です。

なぜ、学力が低下しているのでしょうか。子ども達が本を読まなくなったからでしょうか。

いいえ、違います。

国語力を高める指導がなされていないからです。

新聞やマスコミでは、学力の低下が問題となっていますが、それ以上に多くの教育機関で「国語力を高める指導」ができていないのが問題です。

では、「国語力を高める」にはどのようにしたらよいのでしょうか。

その方法は幾つかありますが、代表的なのは、「作文を書く」ことです。作文には、思考力、表現力、文章力、読解力など国語力を高める要素が全て備わっています。

しかし、作文を書くだけでは、国語力は高まりません。

国語力を高めるには、作文を書いた後の添削が子ども達の国語力を大きく左右します。「自分の作文の中で、何が良かったのか、何が不足していたのか」「伝えたい事がしっかりと伝わったか」公正な評価があるからこそ、子ども達は長所・改善点を把握し、明確な目標や意欲をもって作文に取り組む事ができます。
更に、添削された作文を校正することで、よりよい文章構成・表現を自分で体現出来ます。この繰り返しがあって初めて、国語力の高まりへとつながります。

さらに繰り返しの間に少しインターバルをおくことで、成長しつつある国語力の日常生活やレッスンの中へのフィードバックが期待できます。

<メモリーツリーについて>
metree01.jpgmetree02.jpgロジャー・スペリー氏の研究により、主に「言葉や数、線などを認識し、論理的思考や分析を行うのが左脳」、「リズムを感じたり、色や形を認識したり、イメージを描いたりするのが右脳」ということが明らかにされています。
「メモリーツリー」とは勉強法・記憶法の一つであり、表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを図の中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを繋げていくことで発想を延ばしていく図解表現技法で、放射線状の記述方法は視覚的・感覚的に「自分の考えを整理する」のにも適しています。

メモリーツリーはもともとは「マインドマップ」の発想法を基にしたもので、近年はビジネスの現場でも大手企業等で取り入れられ高い評価を得ています。

フリー百科事典 ウィキペディア日本語版 「メモリーツリー」「マインドマップ」より


<特徴>

●毎月変わる多彩な課題(状況に合わせて文章構成が出来る力を養うため、あらゆる作文の形式を想定しております)
●添削・返却した作文を「あすな作文講座」での指導のもと、より完成形へと校正

以上の事項を満たした継続受講により

<効果>として

●文章構成力を高め、表現力を豊かにします。
●メモリーツリーで脳全体の活性化(イメージ力・発想力・構成力の向上)
●どうすればより伝わる文章へと変わるかを生徒自身が実感

が期待できます。

あすな作文講座 通常レッスン(必須)

毎月の課題…メモリーツリー&作文
前月の作文添削に基づき校正を行います。

実践的練習と脳内活性・イメージ強化のメモリーツリーで、思考力・表現力・文章力を高めます。

対象学年 小学1年生~中学3年生
開講日 毎月第1or第2土曜
受講時間 1回 90分/月
受講料 継続的な育成講座のため
21,000円/半年払い40,000円/年払い

あすな作文講座プラス

●言葉(語彙)の学習
●文法的立場からの表現の練習
作文のベースのとなる語彙力・文法的表現力に的を絞り、強化を目指します。

対象学年 小学1年生~中学3年生
開講日 毎月2回土曜日(月ごとに連絡いたします)
受講時間 1回 90分/月
受講料 7,000円/月(40,000円/半年払い、 76,000円/年払い)


新感覚の作文教室を【無料体験】してみませんか?
本来は繰り返し・積み重ねの中でその力が習得していくものですので、半年か一年区切りのみの受講に限定しているのですが…
メモリーツリーを取り入れている、他では類を見ない「あすな作文講座」を出来るだけ多くの方に体験していただこうと、 1回のみの「お試し受講」ができるように致しました。
是非一度、脳全体の活性化が期待される「脳力開発作文」をご体験ください。

日時:「あすな作文講座」開講時(年間スケジュールをご確認ください)。日程のご都合が合わない場合ご連絡ください。ご相談の上、再設定いたします。
料金: 無料
後日添削を行った作文を返却いたします

sign.jpg

※体験レッスン申込フォームお問い合わせ欄に「作文コース」とご記入ください。
▲ ページトップへ

作文講座プライマリー(幼児作文)

「通常レッスン」「プラス」ともに大変好評いただいておりますが、作文と名がつく限りは文を考えそれを紙に書くモノであり、対象は文字を使った勉強が主となる小学校1年生からが基本となっております。
しかし、メモリーツリーの効果に興味を持っていただいてり、当たり前ですが幼児でも日本語を文章で話しているので、幼児のうちから文を作る力の育成として「作文的なレッスン」のご要望が以前からありました。
そこで、幼児の「「言語分野」内容の一部と<<あすな作文講座>>の内容に「新しい手法」を織り交ぜ融合し、全く新しい「幼児作文」を誕生させました。
文字の勉強・お子様に合った形の文章構成力は勿論、時系列的思考・因果関係を考える力・自己表現力の育成が期待できます。

  • 【時間】90分/回
  • 【回数】1~4回/月(ご希望の回数を選択していただきます)

sign.jpg